押し入れに入れていた服にカビが!対処法から予防のコツ

押し入れやクローゼットに収納していた服がカビてしまうのは、湿度と汚れが原因です。カビが生えてしまう前にできる対策からカビが生えてしまったときの対処法を説明します。

目次へGO


カビトリくん
服をカビから守るには除湿と汚れをちゃんと落とすことが大切だよ
カビトリくん
いや、待てよ。カビの生えちゃった服を今すぐどうにかしたいぞ(自分ではめんどくさい)

そんなときは

押入れの服をカビから守る対策

服をカビから守る対策は「湿度」と「よごれ」が重要です。押入れの中の環境を考えて対策をしていきましょう

押入れの服は風が通るようにするとカビ対策になる

押入れの中身を少なくする

ハンガーに掛けている服はゆとりをもたせるようにします。

押し入れの中の空気は動きやすいようにしましょう。簡単にできる湿気対策なのでおすすめです。

押し入れに風を送り込むことで服のカビ対策になる

押入れに扇風機で風を送り込む

扇風機やサーキュレーターを使って強制的に押入れの中の空気を動かして湿気った空気を外に出してあげましょう。

その日着た服を押入れに入れるタイミングでカビ対策できる

その日着た服で、洗濯が難しいものはそのまま押入れにいれがちですよね。

一日着た服はたくさんの水分を含んでいます。

押入れに入れる前に、ハンガーにかけて一晩干しておきましょう。

洋服ブラシで押し入れに入れる前に服からホコリを取り除く

その日着た服にはたくさんの汚れがついています。

押し入れに入れる前に、洋服ブラシで汚れを落としておきましょう。

目に見えない小さな汚れがついていると、押し入れ内でのカビの栄養源になってしまいます。

服をいれる衣装ケースには除湿剤でカビ対策する

押し入れで使っている衣装ケースの中に除湿剤をいれましょう。

プラスチック製の衣装ケースでは、湿気の逃げ場がなくなります。密閉されたケースに服を入れる際は必ず除湿剤を一緒に入れておきましょう。

押入れの近くで除湿機を稼働させて服のカビ対策をする

押入れの湿度対策をする除湿機

押入れの近くで除湿機を稼働させることで、押入れ内部の湿度対策も行いましょう。

除湿機を稼働させるときは、押し入れの戸を開けておきます。空気の入れ替えと同時に押入れ内部の湿った空気も除湿機で取り除いてあげましょう。

洗濯した後はしっかり乾燥させてから押入れに服を入れる

湿った状態の服をそのまま押入れに入れてしまうと、非常にカビやすくなります。

部屋干しでは服が乾燥しにくいので、部屋干しする際は除湿機も一緒に使って服をしっかりと乾燥させるようにしましょう。

POINT
部屋干しの際は干している服の下で除湿機を稼働させることで、早く乾燥させることができます

おすすめの押し入れの服をカビから守る対策まとめ

ふりかえり:カビから守る対策
  • 押入れの服はゆとりをもたせて収納する
  • 押入れ内部に強制的に風を送り込む
  • その日着た服は乾燥させてから押入れに入れる
  • その日きた服は洋服ブラシで汚れを落とす
  • 衣装ケースには除湿剤を一緒に入れる
  • 押入れの近くで除湿機を稼働させる
  • 洗濯した後の服はしっかり乾燥させる

押入れの服をカビから守るおすすめ道具まとめ

押入れの服を守る際に必要な道具を紹介します。

湿った空気を追い出すサーキュレーター

押入れ内部の湿った空気を追い出すために使うのがサーキュレーターです。

カビトリくん
押入れに向けて風を送り込んで上げましょう

湿った空気を乾燥させる除湿剤

除湿剤はお手軽に湿度対策ができる便利な道具です。使う場所によって大きさなどタイプを使い分けましょう。

カビトリくん
何度でも使える除湿剤は使い勝手バツグンだよ

除湿機で強制的に乾燥させる

押入れの近くで稼働させるだけでも、湿度対策になる道具です。

カビトリくん
日本は湿度がすごいから一家に一台は必要です

服のホコリや汚れを落とす洋服ブラシ

静電気で服にくっついたホコリや汚れを落とすための道具です。

カビトリくん
ササッとできるように玄関などに置いておきましょう

押し入れだと服にカビが生えやすい原因

押し入れは家の中で、お風呂場の次にカビが生えやすい場所です。

押入れの中にある服にカビが生えてしまうのは、押し入れの環境や服の素材が原因です。

押入れの環境

押入れ内部は普段生活している部屋と比べて湿度が高くなりがちです。

これは空気の流れが悪いことが原因です。カビは湿度が高くなると急激に成長します。

65~75%数ヶ月でカビが生えてくる
75%以上カビが生えてくるスピードがUP
90%以上数日でカビが生えてくる

押入れ内部では約70%以上、梅雨の時期はさらに高い湿度環境になりがちです。

押入れ内部では湿度が高くなってしまうことが、押し入れ内に収納している服にカビが生えてしまう原因になります。

押入れにあるカビの栄養源

カビは湿度(水分)の対策をすればOKではありません。カビの栄養源となるホコリや汚れも取り除くことが重要です。

服についているものでカビの栄養源となるのは

  • 汗(ミネラル・尿素・乳酸など)
  • 皮脂膜(皮脂の油分・汗)
  • 古くなった皮膚組織
  • 食べこぼし
  • ホコリ
  • 洗濯のり(糖分を含むもの)

こういった服についている汚れが原因でカビが生えてしまいます。

カビトリくん
服にはこんなにもカビの栄養源となる汚れがついているかも

服の素材自体がカビの栄養源に

カビはホコリや汚れ以外にも様々なものを栄養源にして成長していきます。

つまり、服の素材でも栄養源にしてしまうのです。特に天然素材で作られた服はカビの栄養源になりやすいです。

分類種類
天然繊維食物繊維綿(コットン)、麻(リネン)
動物繊維絹(シルク)、毛(ウール)
化学繊維合成繊維ポリ、ナイロンなど
再生繊維レーヨン、キュブラなど
半合成繊維アセテートなど
カビトリくん
天然素材が使われている衣類はカビが生えやすいから注意が必要です

押入れの中でカビが生えやすい原因まとめ

ふりかえり:カビが生えやすい原因
  • 押し入れは湿度が高い環境になりやすい
  • 服についた汚れがカビの栄養源となる
  • 服の素材自体がカビの栄養源となる

押入れに入れていた服にカビが生えたときの対処法

対処法は自分でやる方法業者(クリーニング業者)にやってもらう方法の2つです。

それぞれにメリットとデメリットがあります。

自分でやる方法では、お金はカビを落とす道具の料金だけですむので、うまく行けば安くできます。

しかし、漂白剤を使うため自分でやると失敗したり、しっかりと保護具を付けないと身の危険もあります。

業者にやってもらう方法では、お金はかかりますがほとんどのカビをキレイに落とすことができます。

ただし、自分でやるよりも時間がかかったり、業者にお願いしても取れない場合もあります。

カビトリくん
大切な服の場合は業者にお願いする方が安心だよ

服に生えたカビを自分で除去する方法

服に生えたカビを自分で除去する際は、まずカビが生えている状況を確認することが大切です。

カビトリくん
カビの生えている状況によって対処法が変わってきます

カビは「色」と「カビがどれだけ生えているか」を見て落とし方を判断します。

カビはだいたいこの2色です。

白色黒色
白カビクロカビ
[topic title=”TOPIC”]まれに緑色などもカビが生えることもありますが、これは食べかすやジュースのシミなどが原因で菌が増殖したのがきっかけです。[/topic]

カビがどれだけ生えているか

衣類にカビがポツポツ
パターン1
カビの服の一部分にちょこちょことカビが生えている状態。その衣類と周辺の数枚をカビ取りします。カビが生え始めなので、少しの対応で大丈夫です。
衣類にカビがザーッ
パターン2
服の一面にザッーとカビが生えている状態。クローゼットにある衣類も一緒にカビ取りします。たとえカビが生えてなくても見えないカビの種がたくさんついているので、一旦すべてリセットしましょう。

服に生えたカビを落とす4パターン

0. (共通)まずはカビのついた衣類を外へ

カビのついた衣類をそのまま部屋で処理するのは、カビが部屋中に飛び散ってしまう危険があります。

表面についたカビを落とすために、いったんビニール袋に入れて外か換気できるところへ持っていきましょう

カビは飛び散りやすいため、マスクをして吸い込まないようにしましょう。

白っぽいカビ ちょこっと生えてる場合

使う道具は

  • エタノール(アルコール)
  • 洋服ブラシ
  • マスク
  • クロス (家にあるのでOK)

おすすめのアルコール系の商品

アルコール度数は高ければいいというものではありません。カビに対して殺菌力が高い約70%濃度のものを使用しましょう。

MEMO
アルコール濃度は70%くらいのとき最も殺菌力が強くなります。これよりも高くても低くても効果が弱くなります。これはアルコールの浸透性が原因です。
エチルアルコールの作用メカニズムは微生物細胞膜への浸透により細胞膜が破壊され、タンパク質の溶出や変性が起こり殺菌効果を示す。したがってエチルアルコールの場合には70w/w%(重量パーセント)(約80v/v%(容量パーセント))の場合が最も高い殺菌力を発揮し、この濃度域より高くなっても低くなっても殺菌効果が激減する。この理由は細胞表層の膜と同じ疎水性にアルコール水溶液を調製すると浸透性が高くなり、高い殺菌活性を示すことに基づいている。

文部科学省|カビ対策マニュアル 基礎編より

おすすめの洋服ブラシ

ホコリや汚れを落とすために使用します。衣類にホコリがつく原因のひとつは静電気です。

その静電気も取り除ける洋服ブラシがベストです。 いいブラシを買っておくといろいろな衣類に使用できるのでおすすめです!

おすすめのマスク

空気中に飛んでいる目に見えないカビを吸い込まないようにマスクをつけましょう。

おすすめのクロス

拭き取る用のタオルです。家にあるのでも大丈夫ですがマイクロファイバーのタオルだとキレイに拭き取ることができます。

カビトリくん
さぁ!道具が準備できたらカビを取っていきましょう

1. 洋服ブラシでブラッシング

洋服ブラシでカビの生えている部分とその周辺をササッとブラッシングします。
衣類が傷まないように優しくブラッシングしましょう。


2. エタノールでカビを拭き取り

ちょこっとのカビならエタノールでカビを落とすことができます。

服の裏に布などをおいて、アルコールを染み込ませたタオルでトン、トンと叩くようにカビの生えている部分を拭き取って行きます。

ちょこっとの白いカビ程度でしたら、これでほとんど落ちます。


3. 洗濯して乾燥させる

カビを落とした服はそのまま洗濯機にポイッして洗濯と乾燥しましょう。


白っぽいカビ たくさん生えてる場合

使う道具は

  • 洋服ブラシ
  • マスク
  • 酸素系漂白剤(粉末がベスト)
  • ゴム手袋
  • 服が入るくらいのバケツ(容器)

酸素系漂白剤のおすすめ商品

定番の酸素系漂白剤
安心して使える酸素系漂白剤

1. 洋服ブラシでブラッシング

洋服ブラシでカビの生えている部分とその周辺をササッとブラッシングします。

カビが多い場合は、カビを吸い込む可能性が高くなりますので、必ずマスクをしましょう。 衣類が傷まないように優しくブラッシングしましょう。


2. 酸素系漂白剤でカビ取り 追加

[tyuui title=”漂白剤の取扱に注意”]
  1. 使用するときは必ずゴム手袋をしてください。
  2. 漂白剤を使用する前に必ず色落ちのテストをしてください。
  3. 毛(ウール)や絹(シルク)、金属製のボタンやファスナー、草木染め製品、漆器は使用を控えてください。
  4. 洗濯表示を見て、漂白剤が使えるかどうか確認しましょう。
  5. 他の洗剤とは混ぜないでください。
[/tyuui]

洗濯表示を確認

洗濯表記(漂白のしかた)
漂白剤使用可酸素系漂白剤のみ使用可漂白剤使用不可

40℃くらいのお湯で粉末の酸素系漂白剤をバケツ(服を漬け置きする容器)に溶かしていきます。

漬け置きで使用しますので、使用量はお湯1Lに対して漂白剤5gです。(それぞれの漂白剤に記載されている使用量で行いましょう)


3. 30分くらい漬け置き

30分くらい漬け置きします。2時間以上すぎると生地を傷めたり、色落ちする可能性があります。


4. 洗濯して乾燥させる

カビを落とした服はそのまま洗濯機にポイッして洗濯と乾燥しましょう。


黒っぽいカビの落とし方

[tyuui title=”黒っぽいカビは落とすことが難しい”]完全に落とし切ることはできません。[/tyuui]

これを頭に入れた上で、少しでもカビを落としたい方は以下の手順で行ってください。

使う道具は

  • 洋服ブラシ
  • マスク
  • 酸素系漂白剤(粉末がベスト)
  • ゴム手袋
  • 服が入るくらいのバケツ(容器)
  • 塩素系漂白剤(最終手段)使用に注意!

おすすめの塩素系漂白剤

ド定番のハイターでOK

1. 洋服ブラシでブラッシング

洋服ブラシでカビの生えている部分とその周辺をササッとブラッシングします。

カビが多い場合は、カビを吸い込む可能性が高くなりますので、必ずマスクをしましょう。


2. 酸素系漂白剤でカビ取り

[tyuui title=”漂白剤の取扱に注意”]
  1. 使用するときは必ずゴム手袋をしてください。
  2. 漂白剤を使用する前に必ず色落ちのテストをしてください。
  3. 毛(ウール)や絹(シルク)、金属製のボタンやファスナー、草木染め製品、漆器は使用を控えてください。
  4. 洗濯表示を見て、漂白剤が使えるかどうか確認しましょう。
  5. 他の洗剤とは混ぜないでください。
[/tyuui]

洗濯表示を確認

洗濯表記(漂白のしかた)
漂白剤使用可酸素系漂白剤のみ使用可漂白剤使用不可

40℃くらいのお湯で粉末の酸素系漂白剤をバケツ(服を漬け置きする容器)に溶かしていきます。

漬け置きで使用しますので、使用量はお湯1Lに対して漂白剤5gです。(それぞれの漂白剤に記載されている使用量で行いましょう)


3. 30分くらい漬け置き

30分くらい漬け置きします。2時間以上すぎると生地を傷めたり、色落ちする可能性があります。


4. 洗濯して乾燥させる

カビを落とした服はそのまま洗濯機にポイッして洗濯と乾燥しましょう。


5. 落ちないときは塩素系漂白剤 最終手段

[tyuui title=”塩素系は取扱に注意”]
  1. 使用上の注意をよく読みましょう。
  2. 使用するときは必ずゴム手袋をしてください。
  3. 漂白剤を使用する前に必ず色落ちのテストをしてください。
  4. 白無地でピュアホワイトのものだけ使えます。
  5. 洗濯表示を見て、漂白剤が使えるかどうか確認しましょう。
  6. 酸性の洗剤とは混ぜないでください。(有毒ガスの発生)
[/tyuui]

洗濯表示を確認

洗濯表記(漂白のしかた)
漂白剤使用可酸素系漂白剤のみ使用可漂白剤使用不可

塩素系漂白剤を水で薄めます。漬け置きで使用しますので、使用量は水1Lに対して10ml(キャップ半分弱)です。(それぞれの漂白剤に記載されている使用量で行いましょう)


6. 30分くらい漬け置き

30分くらい漬け置きします。2時間以上すぎると生地を傷める可能性があります。


7. 水で洗いで洗濯、乾燥

塩素系漂白剤のついた服を水ですすいで、洗濯して乾燥させてください。(他の洗濯物と一緒にすると色落ちする可能性があります)


この手順でやっても黒色のカビはなかなか落ちません。

無理にこすったり、漂白剤を濃くしたりすると服を傷めてしまうので、落ちないときは諦めるしかありません。 大切なのは黒っぽいカビを生やさないことです。

服に生えたカビを取り除くのは〇〇にお任せ!

服にカビが生えてしまった場合は、クリーニング業者に任せるのがおすすめです。

下手に自分でカビを落とそうとすると服を痛めてしまったり、色が抜けてしまう可能性があります。

失敗したくない服のカビ取りはプロに任せましょう。

押し入れに入れた服にカビが!予防策から除去する方法まとめ

服にカビが生えないようにする方法と服にカビが生えてしまう原因、服にカビが生えてしまったときの対処法について説明しました。

カビトリくん
なにわともあれ服にカビを生やさないようにすることが大切ですね