押入れのスーツにカビが生えてしまったときの対処法と予防策

押入れとスーツとカビ

押入れに収納していたスーツにカビが生えてしまった場合、カビの色によって取り除き方が違います。

クリーニング業者に依頼するのがおすすめですが、その前に自分でもできる限り除去しておきましょう。

この記事ではスーツに生えてしまったカビの落とし方いついて説明します。

カビトリくん

スーツに生えてしまったカビは優しく取り除いて、仕上げは業者に任せましょう

押入れのスーツのカビを落とす前に確認しておくこと

押入れに収納していたスーツに生えたカビの色

スーツに生えているカビは「何色」ですか?白っぽいカビなのか黒っぽいカビなのかで対処法が違ってきます。

スーツに発生してしまったカビを除去する前に、カビの色を確認しましょう。

これは生えているカビの色によってやることが変わってくるためです。

白いカビ黒いカビ
簡単に落とせる落とすのが難しい
クリーニング業者
推奨
クリーニング業者
必須
落とし方を見に行く落とし方を見に行く
カビトリくん

白か黒どちらのカビがスーツに生えていますか?

押入れのスーツに生えた白色のカビを落とす方法

スーツに白色のカビが生えた

白色のカビは比較的落としやすいです。外ではたいてアルコールで優しく拭き取るだけで落ちてしまいます。

必要なもの
  • マスク
  • 洋服ブラシ
  • クロス
  • アルコール
カビトリくん

ブラシではたいて、アルコールでトントン、仕上げはクリーニング業者に任せよう


まずはマスク

カビが目に見えるほど発生している場合は、空気中にもたくさんのカビが飛んでいます。カビを除去する前に吸い込まないようにマスクをしましょう。

外に出してブラッシング

カビの生えているスーツを外に出して、洋服ブラシでカビを優しくはたきます。
この段階でほとんどカビは取れてしまいますが、繊維の中にはカビはまだ残っています。

POINT

除湿剤の入った袋にいれて外に持ち出しましょう。袋にいれないと持ち運びする際にカビが飛び散ってしまいます

アルコールで除菌

タオルにアルコールを湿らせて、優しく叩くようにスーツを除菌します。

注意

アルコールで色が変わらないか、裏地で確認してからしましょう

クリーニングに出す

仕上げはプロにクリーニングしてもらうのが1番です。
カビが生えたスーツには目に見えないカビがたくさんくっついています。

プロのクリーニングでしっかりとリセットしましょう。

押入れのスーツに生えた黒色のカビを落とす方法

スーツに黒色のカビが生えた

黒色のカビは落とすのが難しいです。自分でできる応急処置をやってクリーニング業者に依頼しましょう

必要なもの
  • マスク
  • 洋服ブラシ
  • クロス
  • アルコール
カビトリくん

漂白剤は上手に使わないと危ないから、ほんとうはクリーニング業者に任せたほうがいいよ


まずはマスク

カビが目に見えるほど発生している場合は、空気中にもたくさんのカビが飛んでいます。カビを除去する前に吸い込まないようにマスクをしましょう。

外に出してブラッシング

カビの生えているスーツを外に出して、洋服ブラシでカビを優しくはたきます。

POINT

除湿剤の入った袋にいれて外に持ち出しましょう。袋にいれないと持ち運びする際にカビが飛び散ってしまいます

アルコールで除菌

タオルにアルコールを湿らせて、優しく叩くようにスーツを除菌します。

注意

アルコールで色が変わらないか、裏地で確認してからしましょう

クリーニングでシミ抜きしてもらう

表面のカビは落ちましたが、黒色が残っている場合はプロにシミ抜きしてもらいましょう。

スーツでは漂白剤を使わない理由

スーツは白物ではないので、塩素系漂白剤は使用できません。

白物以外を漂白する場合は酸素系漂白剤になりますが、使える素材が限られてきます。

スーツの素材は化学繊維(ナイロン・ポリエステル・レーヨン)、天然繊維(ウール・カシミア・コットン)などが多いです。

しっかりと確認して正しい手順で行わないと、大切なスーツが傷んでしまいます。

こちらもしっかり確認しておきましょう

漂白処理記号

図柄意味
塩素系および酸素系の漂白剤を使用して漂白できる
酸素系漂白剤の使用はできるが塩素系漂白剤使用禁止
塩素系および酸素系漂白剤の使用禁止
カビトリくん

漂白剤をスーツに使える場面はすごく限られているよ、、業者に頼むのがおすすめです

押し入れでカビの生えたスーツをクリーニング業者に依頼する

カビが生えたスーツはクリーニング店へ

カビが生えてしまったスーツは白色のカビでも黒色のカビでもクリーニング業者に依頼するのがおすすめです。応急処置が終わったら依頼しましょう

ぼくがおすすめするのは【ネクシー】宅配クリーニング です。

料金

料金はスーツ(上だけ)一着で960円です。

ビジネスメンバー(月額162円)になれば、810円(150円割引)になります。

合計金額で送料も無料になります。

送料無料の宅配クリーニング「ネクシー」

日数

  • 預けた日から6日~
    九州エリア
  • 預けた日から9日~
    四国・中国・関西・関東・信越・東海・北陸エリア
  • 預けた日から10日~
    東北エリア
  • 預けた日から11日~
    北海道・沖縄エリア

あくまでも目安になります。

カビトリくん

プロに頼むのってこんなにも安いんだね!活用しないともったいない!

押し入れのスーツにカビが生えた際の対処法まとめ

白カビ黒カビ
1まずはマスクを着用
2外に出して洋服ブラシではたく
3アルコールでトントン
4クリーニングに出す
(推奨)
クリーニングに出す
(必須)

白色のカビはブラシではたいて、アルコールで拭き上げればほとんど取れてしまいます。

目に見えないカビは取り切れないので、クリーニングに出すことをおすすめします。

黒カビは応急処置で表面のカビを取ったらプロに任せるのが1番です。

押し入れに入れたスーツにカビが生える原因

押し入れでスーツにカビが生える原因

押し入れにはカビが生えやすくなる原因がいくつもあります。それが原因でスーツにカビが生えてしまうのです。

もともと押入れは家の中でもカビが生えやすい環境です。

その環境が原因でスーツにカビが生えてしまいます。


1  湿度が高くなりやすい

締め切った押し入れでは空気が動きません。そうなると湿った空気が部分的に集まって押入れの中でカビが生えやすい箇所がでてきます。


2 ホコリがたまりやすい

押し入れはお掃除をする頻度が少ない場所です。その分他の場所よりもホコリが溜まりやすい環境です。
ホコリはカビが成長するための栄養源です。


3 スーツにもホコリや汚れがついている

外で着たスーツにはカビのエサとなる小さなホコリや汚れがついています。
そのまま押入れにしまうとカビが成長しやすくなります。

カビトリくん

押入れにカビが生える原因は湿度とホコリです!

押入れのスーツをカビから守る予防方法

押入れの中でスーツをカビから守る

スーツにカビが生えるのを防ぐ方法は湿度・ホコリ対策です。

湿気対策

スーツを収納している押入れの空気を動かしてあげましょう。

たとえば、週に一回くらいは扉を開けて風を通してあげるのもいいでしょう。

そのときにサーキュレーターを使って押入れ内の空気を動かしてあげるのも効果的です。


押し入れのないの空気に含まれる水分を除湿剤や除湿機を使って取り除くのも効果的です。

ホコリ対策

スーツをクリーニングに出した際についてくるビニールの袋は、湿気が溜まりやすくなるので必ず外すようにしましょう。

押入れに収納した際にホコリが気になる場合は不織布の衣類カバーをかけるのがおすすめです。


その日着たスーツを収納する際は、そのまま入れるのではなく洋服ブラシを使ってホコリや汚れを落としておくのも効果的です。


半年以上使う予定のないスーツは、押し入れよりも保管サービスに頼むのがベストです。

押入れの環境を自分で管理するのは、手間がかかります。

そんなときは衣類の保管サービスを利用するのがお得です。

7点:9,800円~、最大8ヵ月間保管

押入れとスーツとカビ:まとめ

押し入れはカビやすく、カビが生えたスーツは対処法が難しい部分があります。

できる限りスーツにカビを生やさない対策をしましょう。

もしカビが生えてしまった場合は、応急処置を行いプロのクリーニング業者に依頼するのがおすすめです。

カビトリくん

大切なスーツのカビ除去はプロに依頼するのが1番です