押入れにカビが生える原因!わかりやすく図解で説明

押入れにカビが生える原因

押し入れにカビが生える原因は隙間・換気・湿度・汚れ・構造です。

カビが生える原因
  • 隙間
  • 換気
  • 湿度
  • 汚れ
  • 構造

普段している何気ないことが押入れにカビを発生させているかもしれません。

しっかりとカビ・湿度対策をするために、まずはカビが生える原因を理解していきましょう。

この記事では一般家庭で考えられる押し入れでカビが生える10個の原因を紹介します。

カビトリくん

さぁ押し入れにカビが生えてしまう原因を見ていきましょう!

押し入れにカビを生やさないためには、日頃のお掃除が大切です。

忙しくてお掃除ができないかたは、家事代行がおすすめです。

おすすめ業者

ココがポイント!
  • 家事を代行してもらうと心に余裕が生まれます!
  • 忙しくても家をきれいに保つことができます。
  • 自分のために使う時間がぐっと増えます。

カビトリくん

サービスを上手く使うと生活がとっても楽になるよ

服や物が多く隙間が無い

服や物がたくさんある

原因押入れの中に服や物が多いと隙間が少なくなってしまいます。隙間が無いと湿気の逃げ場がなくなり、カビが生える原因になります。

押し入れはもともと空気の入れ替えが少ない場所です。

その押し入れの中に物が大量にあると、さらに空気が動かないため、湿気が溜まりやすくなってしまいます

必要以上に物が置いてないか確認しましょう。

目安としては押入れ全体の60%くらい物を置く程度にしてください。

カビトリくん

いつも物を入れすぎちゃうのが原因だったんだね、、

POINT

湿気を逃がすために、押入れの使うスペースは余裕をもたせましょう

湿気った布団をそのまましまっている

使用した布団には汗や汚れがついています

原因使用したお布団をすぐに押入れにしまうと、布団についた水分(汗)や汚れ(ホコリ)がカビの原因になってしまいます。

人が使ったあとの布団には500mlくらいの水分が含まれています。

この水分が押入れの環境をカビやすくしています。使ったあとの布団は、乾燥させたり天日干しするのが良いでしょう。

乾燥させるために使った後は1時間位放置しておきましょう。

カビトリくん

思った以上にお布団は水分を含んでいます

POINT

すぐに布団はしまわずに、しっかりと乾燥させてから片付けましょう。

換気対策ができていない

押入れに扇風機で風を送り込む

原因定期的に押入れの空気を入れ替えていないと、押し入れ内が湿気った空気になり、カビが生える原因になります。

押し入れを年中しっぱなしにしていませんか?

週に一度は15cmほど扉を開けておくだけでも空気の入れ替えができます。

さらに効果的に空気の交換ができるように
扇風機やサーキュレーターを押し入れに向けて風を送るのもいいでしょう。

空気の動きが少ない押入れは意識的に空気を動かしてあげることが大切です。

カビトリくん

ずっと閉めっぱなしだったから、カビがはえちゃったんだね、、

POINT

扉を開けて風を送り込みましょう

おすすめのサーキュレーター

床にそのまま物を置いている

床に物が置いてあると空気が流れない

原因床にそのまま物を置いていると、押入れの奥まで空気が通れないため、奥に空気溜まりができやすくなります。

押入れの下に置いているものをどかしたときに、カビが生えていた、、、

そんな経験をした方もいるかも知れませんね。

湿度対策では隙間を作って上げることが大切です。

これは風の通り道を作って、湿気が溜まりにくくするためです。

押入れの扉を開いたときに、風が奥まで巡回できるように床面は5cmの隙間を作ってあげましょう。

カビトリくん

そうだ!下にすのこを敷いてあげればいいんだ!

POINT

押入れの下にすのこを入れて、空気の通り道を作りましょう。

おすすめのすのこ

奥まで物が置いてある

押入れの奥まで物が置いてある

原因押し入れの奥まで物が置いてあると、壁と物の小さい隙間に湿気が溜まってしまい、カビが生える原因になります。

押入れの奥までドンっと物を置いてあったりしませんか?

小さい隙間だと湿度が溜まりやすくなります。

押入れにカビを生やさなくするには風の通り道が大切です。特に奥まで物を置いていると、壁と物の間にカビが生えやすくなってしまいます。

奥も床面と同じくらい5cm以上の隙間を作ってあげましょう。

カビトリくん

あ、、奥までダンボールとかをドンっといれてた気がする、、

POINT

奥にもゆとりを設けましょう

そもそも汚れている

押入れの中が汚れている

原因押入れの中にホコリ・髪の毛・汚れ・水分があるとそれをエサにしてカビが生える原因になります。

当たり前ですが、押し入れの中が汚れているとカビが生えやすくなります。

ホコリ・髪の毛・汚れはカビの大好物です。

押入れの清掃頻度はどうしても低くなりがちですが、月に一度掃除するなどして定期的に行いましょう。衣替えの時期に一緒にやってしまうのが良いかもしれませんね。

カビトリくん

忘れがちな押し入れもお掃除する習慣をつけよう

POINT

押し入れも定期的なお掃除しましょう

ほこりや髪の毛を取る

汚れを取る

着た服をそのまま収納している

押し入れへ着用した服を入れる

原因着用した服をそのまま押入れに入れてしまうと、服についた汚れや水分で押入れにカビが生える原因になります。

その日着た服を押し入れへそのままポイッといれてたりしませんか?

一日着た服には汗・皮脂汚れ・ホコリなどなど様々な汚れがついています。この汚れがついたまま押入れにしまってしまうと、カビが発生する原因になります。

雨で濡れた服は十分乾かしてから押入れに入れるようにしましょう。

カビトリくん

ついクセで押入れに放り込んじゃうときあるかも、、

POINT

数時間乾かして、汚れを落としてからしまいましょう

服についたほこりを取る

衣替えをしていない

押入れの衣替え

原因押入れの衣類を入れ替える衣替えは、カビ対策にも効果的です。衣替えをしないと一年中動かさいな物も出てきて、カビが生えやすい環境になる原因です。

衣替えは単に服を入れ替えるだけではなく、押し入れの空気を入れ替えることにも効果的です。

もともと湿気の多い日本だからこそ、年に数回は衣替えをすることが大切です。

カビトリくん

なるほど!衣替えは昔からのカビ対策でもあったんだね

POINT

年に数回は押入れの空気を入れ替える衣替えをましょう

そもそもやる気がない

やる気がない様子

原因これはマンパワーの問題ですね。そもそも押し入れの掃除やちょっとした整理整頓が苦手な方もいるでしょう。ご自身のやる気のなさがカビが生える原因にもなります。

これはしょうがないですね。

仕事が忙しかったり、整理整頓が苦手な方も多いと思います。

自分でやろうとするからできないのかもしれませんね。

そんな時は家事代行などのサービスを利用するのもいいでしょう。

カビトリくん

今は、自分でできないときはお金で解決できる時代!

POINT

業者に頼みましょう

おすすめ業者

ココがポイント!
  • 家事を代行してもらうと心に余裕が生まれます!
  • 忙しくても家をきれいに保つことができます。
  • 自分のために使う時間がぐっと増えますよ。

住まいの構造が悪いかも 

家の構造自体が原因で湿気が溜まりやすい

原因まわりの環境にもよりますが、家の構造上の問題で押入れなどの一部に水分が溜まりやすい可能性もあります。

除湿剤や普段のカビ対策で対応ができない時は、一度リフォームを考えてみても良いかもしれませんね。

建物の構造上の問題で、押し入れに湿気が溜まりやすくなっているかもしれません。

特に床面や壁面ではなく、天井面など上の方にカビが発生している場合は構造が問題の可能性が考えられます。

カビトリくん

構造を変えれば、押し入れの手入れも減るかも!

POINT

リフォームしてみるのも1つのカビ対策です

押入れにカビがはえる原因:まとめ

押し入れは家の中でも湿気が溜まりやすく、カビが発生しやすい場所です。

様々な原因を見てきましたが、基本的には隙間・換気・湿度・汚れ・構造の5つを意識して原因を見つけていきましょう。

カビトリくん

押入れにカビが生える原因がわかれば自然と何をすればいいかがわかってくるね

この記事で紹介した商品