洋服にカビを生やさないための13個の対策!

1,095 views
衣類をカビから守る

「お気に入りの服、保管環境は大丈夫ですか?」

もしお気に入りの服にカビが生えてしまったら…やるせない気持ちでいっぱいになりますよね。

でも安心してください!

こんな湿度でジメジメした日本だからこそ、カビ対策は数多くあります

この記事では、洋服にカビを生やさないための対策を紹介していきます。

着た服は洗濯orクリーニングする

洗濯機に衣類を入れている女性

着た服は必ず洗濯しましょう!

もしくはクリーニングに出してホコリや汗の汚れをキレイにしましょう。

服を着て生活しているだけ、衣類には汚れや汗などがつきます。それをそのまま放って置くとカビの栄養源となります。

こんなデータも

  • 帰宅したら、その日着た服はすぐ洗わない人が54%
  • 洗わずに、繰り返し着ている服がある人74%
  • 1日の汗の量は約0.9L
カビトリくん

カビを生やさないためにはまずは、衣類を清潔に保ちましょう。

衣類はしっかり乾燥させてから収納する

衣類を外に干して乾かしている

部屋干しをしていると、どうしても乾きが遅くて、、、これくらいなら大丈夫かな?と思って収納したことってありませんか?

衣類を湿ったまま収納すると、水分の逃げ場がなくなります。そうするとカビの生えやすい環境になるため、完全に乾燥させてから収納するようにしましょう。

部屋干しする際は、除湿機を使用すると短時間でしっかりと乾燥させることができます。

部屋干しの洗濯物が乾く時間

洗濯物の下に除湿機洗濯物の横に除湿機除湿器なし
2時間2.5時間7時間以上

5時間以上たつと生乾きのニオイがでやすくなります

服クリーニングのビニール袋を取る

ビニールカバーされている衣類

クリーニング店でついてくるビニールの袋を取らずに収納していませんか?

このビニール袋は取るようにしましょう。

収納スペースの湿度が上がった際に、ビニールの中が蒸れてさらに湿度が上がってしまいます。 このビニール袋は引きちぎってから収納するようにしましょう。

おすすめの衣類カバー3つ

衣類の収納スペースをお掃除する

収納スペースを拭き掃除している

服や衣類を収納しておくスペースはキレイにしておきましょう。

定期的にお掃除しておくのがベストです。

収納スペースはお掃除が後回しになりがちで、ホコリ等が溜まりやすくなります。定期的にお掃除することでホコリの除去と空気の入れ替えができるため非常に効果的です。

アルコールをシュッとしてタオルでサッと吹き上げるだけでもOKです。

衣類を収納するときは隙間を作る

衣類が隙間なく収納されている

衣類や服を収納する際に、つめすぎていませんか? 衣類をつめすぎると風通しが悪くなるため、湿気がこもりやすくなります

カビが発生した際も広がりやすくなってしまいます。 服と服とのすきまをしっかりと設けましょう。

カビトリくん

ゆとりある収納が肝心です

収納スペースの空気を巡回させる

室内でサーキュレーターが稼働している

衣類や服が収納されている場所って普段は扉が閉まってますよね。

そういった空間では空気に流れがないため、湿度がこもりやすくなります

週に一度は扉を開けて30分くらいサーキュレーターなどで空気を動かしてあげましょう。

おすすめのサーキュレーター5つ

収納スペースに除湿剤を置く

乾燥剤4つ

どうしても収納スペースが湿気でムンムンになるようでしたら、除湿剤を置くのも1つです。

除湿剤は置きっぱなしではなくしっかりと取り替えするようにしましょう。

おすすめの除湿剤5つ

収納スペースに除湿機を置く

部屋干ししている衣類の近くの除湿機

収納スペースは湿度が高い場所です。もし使ってない除湿機などがあれば使用してください。 スペースが狭いようでしたら、小型の除湿機などもあります。

おすすめの除湿機5つ

コロナ 衣類乾燥除湿機 CD-P63A(W)
コロナ(CORONA)

コロナ 衣類乾燥除湿機 CD-H10A(AE)
コロナ(Corona)

除湿機 iSiLER 除湿器 コンパクト 2000ml大容量 日除湿量750ml 静音 自動運転オフ機能付き カビ防止 梅雨対策 省エネ 消臭 抗菌 小型 押入れ 洗面台 脱衣所
ISILER

定期的に衣類の保管場所を替える

衣類の保管場所

衣替えは昔からありますよね。これって実はカビ対策のひとつなんです。

しまってあった衣類や服を取り出すだけでも、空気の入れ替えができてこもっていた湿気が解消されます。

カビトリくん

衣替えは日本が昔からしているカビ対策なんです

雨の日が続いたら空気を入れ替える

水たまりに雨が落ちる様子

雨の日だと収納スペースは湿度が高くなります。

こんな時期は部屋内で除湿機を稼働させていることが多いと思います。その際に収納スペースの扉を開けて一緒に除湿をしてあげましょう。

サーキュレーターで空気を送り込んであげるとより一層湿度を取り除くことができます

定期的に洗濯槽の掃除をする

洗濯機の中

洗濯槽内のカビを除去するのも、衣類のカビ対策になります。

洗濯槽内は目で見てもなかなかカビがあるのには気が付かないので、期間を決めて定期的に行いましょう

クローゼットの床に衣類を直接置かない

床の上に置いてある衣類

収納スペースに多いのがクローゼットです。

ハンガーを掛けるのがめんどくさくなって、床の上にポンっと置いたりしていませんか?

衣類を床の上に置いてしまうと、ホコリ等が溜まりやすく床と接している部分は湿度がこもりやすくなります

床には置かずにしっかりとハンガーにかけるなどしましょう。

家に入る前に服を洋服ブラシではたく

洋服ブラシ

外ではホコリや花粉などが服につきやすいです。

そういった見えない汚れがついていることが多いため、家に入る前に洋服ブラシでササッとはたきましょう

カビの栄養源となるホコリをしっかり落としてから家に入ることが、衣類のカビ対策になります。

おすすめの洋服ブラシ

池本刷子工業(Ikemoto Brush)

もっとお得にお買い物 ♪

30日間無料体験

最後に

衣類にカビが生えてしまうのは、湿度と汚れ(栄養源)が原因です。 それを理解した上で、しっかりと対策をしていきましょう。

カビトリくん

対策を駆使して衣類をカビから守りましょう

この記事で紹介した商品

コロナ 衣類乾燥除湿機 CD-P63A(W)
コロナ(CORONA)
コロナ 衣類乾燥除湿機 CD-H10A(AE)
コロナ(Corona)
除湿機 iSiLER 除湿器 コンパクト 2000ml大容量 日除湿量750ml 静音 自動運転オフ機能付き カビ防止 梅雨対策 省エネ 消臭 抗菌 小型 押入れ 洗面台 脱衣所
ISILER
池本刷子工業(Ikemoto Brush)

もっとお得にお買い物 ♪

30日間無料体験

関連記事