カビの胞子とは!?知らない人は要注意!カビ対策はここからはじまる

カビの胞子とは

空気中にもカビがいます

みなさんがいつも普通に吸い込んでいる空気、その中にもカビは存在しています

このカビとは「カビの胞子」のことです。 カビのことを少しでも調べた方は、「カビの胞子」という言葉を何回か見たことがあるかもしれませんね。

この記事では、この空気中にいる「カビの胞子」に注目して解説していきます

カビの胞子とは

カビの胞子とは簡単に言うと「カビの種」です。カビは細菌よりも(ミクロな)植物に近い増え方をしていきます。

この増え方のことをライフスタイルと言ったりします。「カビの胞子」はライフスタイルの一部分です。

カビトリくん

人間にもそれぞれライフスタイルはありますよね。カビにもライフルタイルがあるんです

よくあるカビのライフスタイルの説明は、よくわからないイラストが多いですよね。ここではわかりやすくストーリーで説明していきます。

カビのライフスタイル(カビの胞子は種)

葉っぱと土
カビの胞子は、もともとは土の中や植物の葉っぱなどにいます
風と雨
風や気流、雨のハネかえりなどで空中に飛んでいきます。
カビの大きさ
カビの胞子はとても小さいため目で見ることができません。(3~10μmくらいの大きさ)
飛んでいるカビの胞子は目に見えない
みなさんは一年中、カビの胞子と生活しています
カビの胞子が落っこちる
カビの胞子はどこかに落っこちます。
カビがぐんぐん成長する
水や栄養があるとぐんぐん成長して、やがてカビの胞子をつくります
カビの胞子が飛んでいく
そして新しく作られた胞子は飛んでいくのです。

つまり、カビの胞子とはカビのライフスタイルの中で「種」の役割をもった状態のことです。

 

さらに踏み込んだカビの胞子のライフスタイル

もうちょっと踏み込んで説明すると、カビの「胞子」だけではなくカビの「菌糸」という言葉も出てきます。

菌糸もカビのライフスタイルの一部です。菌糸は成長するとカビの胞子を作るようになります。

イメージとしてはたんぽぽ(植物)に近いですね。

最初はカビの種である「胞子」が着地した場所で、発芽して菌糸が成長していきます。この菌糸は細胞分裂しながら広がっていき、新しい「胞子」を作り出します。

この新しく作られた胞子は自然の風や昆虫、動物などによっていろいろな場所に飛んでいきまた、着地して発芽、成長していきます。

つまり

  • 胞子が飛んでいく
  • 着地して発芽する
  • 菌糸が成長する
  • 菌糸が胞子を作り出す
  • 胞子が飛んでいく

とライフスタイルが繰り返されていきます。

空気中のカビの胞子の数

空気中にはカビの胞子が1年中飛んでいます。その数はさまざまな条件で変わります。

カビの胞子と家に関わる条件

毎日お掃除する部屋のカビ胞子の数
毎日掃除をする家では、空気中にいるカビは20~30個/㎥くらいと言われています。
日頃お掃除しない部屋のカビの胞子の数
日頃お掃除をしない家では、500個/㎥くらいです。
カビが発生している部屋のカビ胞子の数
どこかに目で見えるカビが発生している家では、1,000個/㎥を超えると言われています。
POINT お掃除は大事
お掃除によって空気中のカビの数が大きく変わってきます。空気中のカビは目で見えないため、増えたからと言って、気づくことができません。日頃のお掃除をしっかりしておくことで減らすことができるのです。
ホコリの除去についてはこちら
家庭でできるホコリの対策埃の中にもカビがいる!埃が溜まりやすい場所を徹底解説!

カビの胞子と家のつくり

気密性の違う建物
建物のつくりによっても空気中のカビの胞子の数は変わってきます。気密性が高い家ほど換気ができずにカビが増えやすくなります
室内の湿度を抑える対策はこちら
家庭でできる湿度対策【保存版】カビの生えやすい湿度はコレ!簡単にできる10個の対策

部屋によってもカビの胞子の数が変わってきます。その部屋を利用する人数や出入りの回数によって変動します。

カビの胞子と場所や気候など

自然が多い風景
自然が多い地域のほうがカビの胞子の量が多い傾向があります。
梅雨と秋雨
梅雨や秋雨のとき、カビの胞子が多い。
地域別の湿度はこちら。
地域別湿度のグラフ地域ごとの「湿度のグラフ」
台風
台風によって空気中に大量のカビの胞子が飛ばされることも。

発生元となる土や植物が多い環境、雨が多い時期などにカビの胞子は多くなります

 

空気中にいるカビの胞子の種類

空気中にいるカビの種類は、周囲の環境や建物の特性などによって大きく変わってきます。今回はバラツキが比較的少ない一般家庭の場合について紹介します。

空気中にいる主なカビ(胞子)

クロカビのイラスト
★ クロカビ
正式名|クラドスポリウム(Cladosporium)属 カビの代表格ですね。空気中でも大きな割合を占めているます。
アオカビのイラスト
★ アオカビ
正式名|ペニシリウム(Penicillium)属 みかんなどに生えるカビです。空気中にもたくさんいます。
それぞれのカビに関してはこちらで詳しく解説しています。

空気中にそれなりにいるカビの胞子

  • ススカビ アルテルナリア(Alternaria)属
  • アカカビ フザリウム(Fusarium)属

この2つ以外にもさまざまなカビが空気中には飛んでいます。

こちらの記事で家庭にいるカビについて紹介しています。
家庭で生えるカビの種類カビの種類!代表12種類を写真付きで説明!

 

カビの胞子の危険性

カビの胞子は基本的に悪さをしないことが多いのですが、免疫が低下していたり、大量に吸引することで症状が出る場合があります。

カビの胞子によるアレルギー

空気中にいるカビの胞子を吸い込むことでカビアレルギーになることがあります。

カビの胞子によるカビアレルギー

  • 気管支ぜん息
  • アレルギー性鼻炎
  • アトピー性皮膚炎
  • 過敏性肺炎
アレルギーに関して詳しくはこちらの記事で説明してます。
カビが原因のカビアレルギーカビのアレルギーは4つ!気管支ぜん息・アレルギー性鼻炎・アトピー性皮膚炎・過敏性肺炎

カビの奉仕による真菌感染症

カビの胞子はさらに病気を引き起こすこともあります。

カビの胞子による真菌感染症

  • アスペルギルス症
  • クリプトコッカス症
真菌感染症に関して詳しくはこちらの記事で説明してます。
カビが原因の真菌感染症カビの感染症は3つ!カビが原因の真菌感染症とは

 

カビの胞子の移動距離

カビの胞子はとても小さいため、移動距離がとても広くなります。

鳥や昆虫、風
空気中に舞い上がったカビは、動物や昆虫に付着したり、風によって移動します。
カビの胞子が落っこちる範囲
空気中に舞い上がったカビのほとんどは、半径100m以内に落っこちます
上昇気流
上昇気流に乗ると数千m上空まで舞い上がることもあります。

 

カビの胞子の落下時間

風がなく、人の出入りのない静かなところでの落下時間です。

クロカビのサイズと落下時間
クロカビの胞子が落下する時間は30分/mです。クロカビの胞子の大きさは約4~8μmです。
アオカビのサイズと落下時間
アオカビの胞子が落下する時間は120分/mです。アオカビの胞子の大きさは約3~5μmです。
カビの落下速度は最近よりも早い
落下する時間は細菌と比べると比較的短いため、食品などの汚染で問題になります。
カビがそこに生きている時間
落下したカビは長時間生き続けます。クロカビやアオカビは半年から数年生きています

 

カビの胞子を飛ばさない対策

カビの胞子はとても小さくて飛んで行きやすいのが特徴です。カビの胞子をまき散らかさないようにしましょう。

床に落ちたカビの胞子にはドライ式のモップ

ドライ式のモップ
ドライ式のモップをかけてカビの胞子が飛んでいくのを防ぎましょう。
注意
いきなり掃除機を使用すると、排気などでカビの胞子をまき散らかす恐れがあります。ドライモップなどでカビの胞子を先にとっておきましょう。掃除機はHEPAフィルターのものを使用しましょう。

カビを取る際はやさしく

覆うように拭き取る
目に見えるカビを除去する際は、カビ取り剤を湿らせたキッチンペーパーなどで覆うように取り除きましょう。
注意
スプレーを吹き付けると、その勢いでカビの胞子が飛び散ってしまいます。目に見えるカビを取り除く際はカビの胞子が飛散しない方法で行いましょう。

エアコンは清潔に

エアコン
エアコンの掃除は定期的に行いましょう。エアコン内は結露によってカビが発生しやすい環境です。そのまま使用すると部屋中にカビをまき散らかします。

 

カビの胞子とは:まとめ

この記事では、カビの胞子について説明しました。

カビ対策とはある意味「カビの胞子」対策です。 見えないカビの胞子だからこそ、しっかりと知っておくことが大切です。

カビトリくん

カビ対策は「カビの胞子」が重要なんだね